Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年間お世話になりました。

2008年も本当にあとわずかとなりました。

この『Happy days』に来ていただき、ありがとうございました。

☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

また来年もいろいろコバ家の様子をご報告できたらいいなと思っています。
(なるべくなら、楽しいことばかりあればいいな)

よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゙です!

来年も皆様に幸多かれとお祈りします。

GOOD LUCK! (^▽^)Vブイ


※コメント欄はクローズにさせていただきます


スポンサーサイト

芸能ネタ

久々芸能ネタを。。。

私のカラオケの十八番は何と言っても「山口百恵」ちゃんです
ほとんどの歌を歌えると思います

私と百恵ちゃんはお誕生日が同じということもあり、結構昔から好きでした。
今は結構近くに住んでいて、多摩地域に引っ越してきたときは、自宅も見に行ったものでした。

ご主人である三浦友和さんも俳優としていい味を出していますね。
つい先日終わったドラマ「流星の絆」でもキーマンでした。

お二人が結婚したときも、赤ちゃんが生まれたときも、それはそれは大騒ぎでしたよね。
息子の祐太朗クンがやれ幼稚園に入った、小学校に入ったといってはマスコミに追いかけられて大変でしたよね。

きっとお二人のお子さんだから、とてもイケメンなんだろうな~って思っていたら、今朝のワイドショーでもやっていましたが、ミュージシャンとしてメジャーデビューしたそうです。CDも出し、テレビCMにも出演しています

20081228-00000006-oric-ent-view-000.jpg

左から2番目の男の子が三浦祐太朗クンです。
ほっほ~目もとなんかはやっぱりパパ似かしらん。でも百恵ちゃんの雰囲気もありますね。
イケメン君だと思いますが。。。(結構好きな顔かもしれません

親の七光になりたくなく、両親のことは伏せてきたとのことですが、そういう意味ではこれから活動していく上でも多少なりともプレッシャーを感じるでしょうね。

頑張ってほしいですね


年末の忙しいときに、どうでもいいっちゃどうでもいいネタでしたね
ごめんちゃい

感動!

福島を後にした私たちは、再び高速に乗り、仙台に向かいました

まずは祖父・祖母が眠る菩提寺へお墓参り。
冬に行ったのは初めてでした。

赤門

いつも思うことですが、お墓参りをすると、心が落ち着き、穏やかになりますね

その後は、いよいよ宿泊するホテルへ。
仙台市内からはちょっとはずれますが、高層のステキなホテルです

ホテル外観

お部屋も広くて、8Fから見える夜景も超キレイ

ホテル ドア
ホテル
夜景

今回は仙台駅までTAXI送り迎えつきプラン。
ちょうどイルミネーション開催の真っ最中で、車では駐車場を探すのも大変だし、飲めないしで、このプランは大正解
もちろんタクシーの料金も気にせず、イルミネーションも存分に楽しめました
その割に宿泊料金はビジネスホテル並みのリーズナブルなお値段。一番ありがたいですね



ホテルで一休みした私たちは、5時半にタクシーを呼んでもらい、いざ仙台市内へ
仙台ではケヤキ並木で有名な定禅寺通りのところで降ろしてもらいました。

一目見た瞬間、思わず絶句。。。
いろいろな色を使わず、単色のイルミネーション、それはそれはキレイでした
しばし堪能しながら通りを歩きました
画像ではやっぱり迫力に欠けますが、しばしご覧くださいませ

けやき5

けやき4

けやき3

けやき2

けやき1

この後、風邪を引いてダウンというおまけがついてしまいましたが、とてもいい旅だったと思っています


以上です。
読んでくださり、ありがとうございました



遅まきながら、報告。

21、22日、義姉を見舞うために福島に行きました
ちょうど福島から高速を使って1時間ぐらいなので、仙台にもちょっと足をのばしました。

義姉は、同じくベッドに横たわったまま。
でも前回見舞ったときよりも話をするようになり、ちょっぴりですが笑顔も見えていました
少しずつではありますが、口からご飯も食べるようになったそうです。
一進一退ではありますが、今のところ症状は落ち着いているようです

今入院しているのは救急病院。急性期病院ということで、義姉のように症状が落ち着いている患者は転院を余儀なくされるそうです。
で、たぶん今頃は別の病院に移っているはずです。新しい病院は高速のインターからすぐ近くなので、私たちにとっては都合がいいかな。

また年が明けたら、機会を見つけて行こうと思っています。

吾妻富士

福島市街から見た吾妻連峰です。
真ん中に見える山、まるで富士山のようでしょう?
吾妻富士と呼ばれています。



復活

一時はしんどかった風邪も、お医者さんに行って薬を飲んで休んだら、よくなりました
喉がかなり赤くなっていて、膿んじゃう一歩手前だったよう。腫れで喉の閉塞感があったんですね。

昨日はクリスマス
夫と二人、盛り上がりに欠けましたわ

それでもチキンとケーキはしっかりといただきました

081225_1909~01

このケーキはヤ○ザキ製パンのもの。
実は息子の友人がお勤めしていて、毎年半額で購入することができます。
いつもラッキーな思いをして食べています。
(ちなみに6号の生クリーム)

画像はとてもロマンチックな雰囲気を醸し出してますが、実際は。。。
ま、想像してみてください

クリスマスも終わり、いよいよ今度は新年に向かってゴーですね

鬼のかく乱

21、22日と福島・仙台に行ってきました

行くときから鼻水が出て、ちょっと風邪っぽかったのですが。。。
帰宅してとうとうダウン

とにかくよく寝れること
身体が休みを要求しているようです。

感動冷めやらぬうちに旅行記もご報告したいなぁと思うのですが、体調が戻ったらにします。
仙台のイルミネーション、すっごいきれいでした

我が家の漢字

今年の漢字1文字は「変」でしたね。

ブログお仲間、なおなおさん(~ON THE CORNER~)も記事にしていらっしゃいましたが、なおなおさんは「笑」でした。
本当に笑うことは大切なことですよね。
笑う門には福来たる!


さてさて、コバ家の今年を漢字1文字にすると、真っ先にこれ
「新」
新しい家族、そして新しい命。
本当に急展開だったけれど、息子夫婦も落ち着き、穏やかな生活を送っています


その反面、今年は両親も大変でした。
1月に父の入院、手術、そして10月に母の入院
「病」も当てはまるかな。。。
でもそれも考えようによっては、「病」を乗り越え「新」しい命を与えられたとも言えるかも

さて、来年はどんな1文字で表現できるかな。

寒い日には。。。

昨日、今日ととっても寒いです {{(>∇<)}} サッム

こういう日は体の芯まであったまるものを食べるのが一番

ということで、今日の夕食です

081215_1836~01

グツグツグツグツ煮込んだ鍋焼きうどんで~す
一人用の土鍋は百均のものですよ。

おかげさまでポッカポカになりました


戌の日、水天宮にお参り!

いいお天気の中、息子夫婦と東京・日本橋にある「水天宮」に行ってきました

本堂


水天宮はいわゆる安産祈願のお宮さんです。
写真を見ていただいてもおわかりのように、戌の日ということもあり、すごい人、人、人でした
このエリアに関していえば、少子化というのは本当にウソのようです。
夫婦+お母さんで来ている人、夫婦で来ている人、とにかくみんな我が家のように、来年の同じ時期にパパ、ママになる人たちばかりなのですね。なんだかとっても不思議です

3人で、いい子が生まれてくるようにと、それぞれ115円のお賽銭を入れ、お参りしました

本堂の下には

犬

犬は昔から安産ということで、この像がありました。
犬の回りにある丸いものには12の干支が彫ってあります。妊婦さんは自分の干支のところを触ると安産になるというおまじないみたいなもの。
息子は丑、お嫁さんは亥です。(私は戌です)

水天宮の中には、妊婦用パンツとかガードル、赤ちゃんの産着等々の露店があり、それをのぞくのもおもしろい 普通だったら綿あめとかお好み焼きとかそういうのなのにね。
さすがだわ

水天宮を後にした私たち一行は、お嫁さんのお父さんがやっていらっしゃるジャズバーに伺い、昼の時間帯、お母さんが作っている定食をお呼ばれしました
うどんセットが一押しで、おうどんの中にとろけるチーズが入っていて、それをおうどんにからめて食べるというもの。
ちょっと意外ですが、その組み合わせがとってもグゥ~~ッ
斬新でしたが、とってもおいしいかったです

結婚するにあたり、ちょっとと思ったときもありましたが、これからだんだんと密にお付き合いしていけそうな雰囲気になってきました

そんなわけで、初めての水天宮ツアーも無事終わり、息子もお嫁さんもホッとしたところ

今度は娘のときかなぁ。。。それともお嫁さんの2人目のときか。。。
まさか私自身なんてこたぁないわね。 ←ありえないっつうの


「コバのお孫ちゃんダイアリー」にも今日のことをご報告しています。
併せてご覧くださいませ


 

さぼってしまった σ(^_^;)アセアセ...

12月に入って初めての更新
週3日の喫茶店の仕事+在宅でテープ起こしの仕事をやっている私。いつもはちょうどいいバランスなのですが、時々在宅のほうがバーンと増えることがあります。今まさにそのときでした

ちょっと一段落。
(でも次の仕事がもう今日届きました。。。)

書きたいネタはいろいろあるのですが、今自分が関わっていることもあり、やはり千葉・東金の女児遺体遺棄事件については語りたいなぁ~と思っていました。

でもちょっと疲れている私です。
考えていることが文章としてまとまらないよ~

というわけで、どんどん更新が延び延びになってしまいました。
ちょっと回復したらまた記事にしてみようと思っています。


shikaku01.gif


私は週3日地元の共同作業所が経営している喫茶店を任されています。
そこでは共同作業所を利用している人たち(利用者さんと言います)で、障がいを持っていても軽い子たちが何人か交替で、私と一緒に夕方まで働きます。

日替わり定食、豆から挽いて入れるコーヒー、手作りケーキなどを出していますが、彼女たちは訓練を兼ねて、コーヒーを入れたり、接客したり、掃除したり、洗い物をしたりします。
基本的な挨拶や礼儀なども指導します。

その中の一人の女の子にYちゃんという子がいます。
年齢は22歳。知的障がいを持っています。
動作はとっても遅いのですが、とても明るく、がんばりやさんです。

そのYちゃんと組んだときのエピソードです
その日のメニューはアジフライ定食でした。私たちの賄いも同じものを食べます。
でもお客さんが多く、私が食べる分のフライはなくなってしまいました。
以下は、適当に残り物を食べていた私とそのYちゃんとの会話です。

 「あれ、コバさん、アジフライはないの?」
 「そう、今日はお客さんがいっぱい来たからね」
 「ふうーん。」
(しばし沈黙)
 「コバさん、やっぱりアジフライ食べたいでしょ? 私の分少しあげるから、ほら、これ食べていいよ、ほら。」
 「でもYちゃんのがなくなっちゃうよ。」
 「いいのよ~。一緒に食べようよ。ほら、とりな、とりな。」
 「そう。じゃもらうね。アリガトね」
 「いいのよ~。」(とってもうれしそうな表情

どうですか
健常者でもこういう心遣いできる子って少ないように思います。
私はそういうYちゃんがとても好きなんですよ

Yちゃんには夢があります。
ラーメン屋さんの開店。そこのオーナーになることだそうです。
もし実現したら、そのお店の暖簾をプレゼントすることを約束しています。
そして私は食器洗いでもいいから雇ってね とお願いしています

ほとんどの知的障がい者は、こうして一生懸命頑張っています。
今回のこの事件、犯人の知的障がいの部分がクローズアップされて「やっぱり障がい者は。。。」という図式になることだけは勘弁してもらいたいです。

結局このことを力説したかったの


プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。