Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春の1ページ

54_20090128_00015.jpg

フォーリーブス 故・青山孝史さん


また大好きだった人が一人亡くなりました
それも肝臓の病気で。
享年57歳。まだお若いですね。

小学生のころ、彼の透き通るような声に魅せられ、「ター坊」、大ファンになってしまいました。レコード(まだCDじゃないのよね)を買い揃え、雑誌を買いあさり、コンサートにも欠かさず行き、もちろんファンクラブにも入っていました

寝ても覚めても状態が何年か続きました。
随分年をとっちゃいましたが、やっぱり私の中では永遠のアイドルであることは間違いないわ
拓哉クンはどっちかといえば年下ですからね。息子に近い感覚だけど、ター坊はお兄さん的存在ですね。(考えてみたら夫と2歳しか違わないなのだわ)

本当青春の1ページが幕をおろしたよう。

2月4日が告別式だそうですが、お参りに行こうか。。。と一瞬考えてしまいました。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

立ち直りましたぁ

前記事にたくさんのコメントをいただきありがとうございました。

義姉が亡くなって1週間。
早いものです。今頃はきっと天国で両親と再会し、親子でまた楽しく過ごしていることと思います。

そろそろ娘たちも帰っていき、義兄一人、一番悲しみが襲ってくる頃ではないかと思います。
三女が近くにいるので、大丈夫だとは思いますが、やっぱり私は今義兄が一番心配です。

でも本当に最後は苦しがらずに逝くことができたので、本当によかったと思います。

あとは私たち夫婦がとにかく仲良く、楽しく、このブログのタイトルような毎日を過ごすことが一番の供養になるのだと思っています。

皆様への個々のコメント、そろそろお返ししないとね。
本当、ごめんなさい。

また記事の更新も再開したいと思います。
よろしくお願いします。


※今日はコメント欄閉じさせていただきますね。

義姉、天国へ召されました

平成21年1月20日23時54分、福島の義姉が亡くなりました。
享年75歳。
昨年2回ほどお見舞いに伺ったあの義姉です。

21日の昼間。仕事先に姪から電話がありました。
ちょうど娘が定食を食べに来ていて、私は接客に忙しく、娘が夫に電話をしてくれました。

お通夜は22日、告別式は23日。

夫は異動して間もないけれど、所長も快く3日の休みをとらせてくれました。
息子にも伝えると、すぐ上司に報告、2日間の有休がとれました。
娘は大事な試験日なのですが、すぐ教務課に伝えると、会葬御礼を持参すれば、後日追試を受けられることになりました。
私は、たまたま22日、23日は仕事がオフ。
本当にみんなのタイミングが合い、家族4人で福島に向かうことができました。
今回はお嫁さんは身重の身体だし、とにかく半端ない寒さなので、パスさせました。
でも息子が恥ずかしい思いをしないように、ちゃんと準備万端にしてくれました。

21日の深夜に出発して、22日午前4時ぐらいに到着。
義姉は住み慣れた自宅に戻っていました。
とっても安らかな表情だったのが救い。

納棺にも立ち会うことができました。
棺には姉のお気に入りの着物とブラウス、孫たちからの手紙なども一緒に入れました。
触るととっても柔らかい。死後硬直なんて全然ありません。

次の日。
あいにくの雨。義姉の涙だろうか。。。
福島の習慣なのでしょうか、先に出棺、火葬。告別式はその後でした。
最後のお別れを済ませ、バスに乗り、一同斎場へ。やはり雨は続いていました。
炉に入る前、手を触るとまだ本当に柔らかかったです。
1時間半後、お骨になった義姉。
喉仏も本当に合掌しているよう。信心深い義姉でしたからね。
血の濃い順番でお骨を拾い、骨壺へ。
肝臓と腎臓を患っていた義姉はその部分が変色していました。
最後喪主である義兄が喉仏を納め、ふたをしてすべてが終了。

奇跡かしら。
また一同バスに乗り、斎場を後にするとき、パーッと雲が切れ、青空がのぞいていました。
まるで、ちゃんと義姉が天国へ昇っていけるように、青空が目印になっているよう。斎場から空まで道ができているような感じでした。
何だかとってもうれしかったです。

告別式も終わり、帰宅の途に着いた私たち。
もちろん悲しみは癒えないけれど、帰りの車中もとても明るいものでした。

4人で旅するのはこれが最後ですね、きっと。
義姉は娘が嫁ぐ前にこういう機会を与えてくれたのだと思います。
今度福島へ行くときは、お孫ちゃんができ、お婿さんができ、家族が増えていますからね。

お義姉さん、ありがとう!
そしてこれからも私たち夫婦や子どもたちを見守っていてくださいね。

久々に語っちゃおう!

ちょっと身内ネタが続きましたので。。。

新年を迎え、また新しいドラマが始まりました
しょっぱなからだ~いすきな医者もの、山ピーが出演していた『コードブルー』のスペシャルをやっていました。いや~相変わらずカッコヨイわ
でも列車事故という設定だったのですが、あの福知山線の大事故をも想像してしまい、ちょっと生々しく、目を覆っちゃう部分もありました。当事者だとしたら見てはいられなかっただろうなって思います。
このドラマの主題歌でもあるMr.childrenの「HANABI」がドラマとぴったりでとっても好き

次は『ヴォイス~命なき者の声~』です。
これまた大好きな医者もの、と思いきや、法医学に焦点を当てていて珍しいですね
うーん、瑛太クン、本当に今旬な俳優さんだわ。あの篤姫でかなり幅を広げたような気がします。
共演の俳優さんもそれぞれ個性的でおもしろいわ。私は個人的に時任三郎さんの役柄がいつも好きなのよ。今回も教授役で出演しています。
絶対語ることのない遺体から、その背景に何があったのか? 瑛太クンたちがいろいろ推理していくのだけれど、なかなかおもしろいです

次は『ラブシャッフル』です。
なんかストーリー的にはパートナーをチェンジするというあたり、あり得ない気もしますが、これでもかっていうぐらいイケメンたちばかりが出演しています。
玉木宏さんは、あの『のだめカンタービレ』のスマートでクールな役とは180度違い、何だか情けない役です。演じる役で印象が全く違っちゃうのがおもしろいですね

で、私が今回一番注目していたのが『ありふれた奇跡』です。
仲間由紀恵さんが出演していますが、『ごくせん』以外のドラマはどれも視聴率がいまいちですよね。なぜでしょうか? 彼女の魅力が出し切れていないからなのかしらん。
なぜ注目しているかと言うと、山田太一さんの脚本だから。
『ふぞろいの林檎たち』覚えていらっしゃいますか
あの「いとしのエリー」のメロディにのって、林檎を投げているオープニング。本当に好きでした。
若い男女の苦悩を描いていましたが、女子大で清楚(何か?)に暮らしていた私は結構することも多く、とっても好きだったドラマでした。
それから20数年がたち、今の男女をどのように描くのかにとっても興味がありました
私も結婚し、出産も経験し、それなりの人生を送ってきましたからね。どのように感じるんだろうって。
印象は、会話一つ一つがとても繊細で、なんていうんだろう、男女の気持ちが細やかに表現されていると思いました。
でも、今の若い子たちには受け入れられるかなぁ~ そういう意味では微妙かもしれないけれど、安心して見ていられるな、私的には

あとは今週から始まる『RESCUE~特別高度救助隊』かな。
若者が一つの目標に向かって、立ち向かっていく姿を見るのはきっと気持ちがいいものでしょうね
きっとスリルあるドラマなんじゃないかな

私はリアルタイムで見ることがあまりなく、大体に録画して、後からじっくり見ます。
いまだになのですが、実家はブルーレイディスクです。
でも宝の持ち腐れ。全く使用していません。
なのでそれを我が家にくれることになりました
(購入した時点で、たぶんこうなるかなって思いましたが。。。

ラッキ~

これできれいな画面で見ることができますわ

また家族が増えます (*^。^*)

cake.jpg

夫が仕事帰り、テレビでも有名になった勤務先の近くのお店で買ってきてくれました。ラズベリーの酸っぱさとチョコの甘さがいい具合に調和されていて、とてもおいしかったですよ
(実はろうそく小さいのが1本足りませ~ん


昨日のバースデーは、今年のお正月に購入したたこ焼き器を使ってたこ焼きパーティをしましたぁ~
(ほぼ100%)お婿さんも仕事が早く終わり、駆けつけてくれました

息子たちからはフットマッサージャー、娘たちからは首から肩用マッサージャーの
これで立ち仕事で疲れた身体を癒すことができますわ

いつものことながら、夫も子どもたちもありがとっ チュ(゜・^*)


star02.gifstar02.gif


もう一つのご報告

無事に彼のご両親との顔合わせも終了しました
娘から聞いてはいたのですが、彼は本当にお父様にうり二つでした
会席料理をいただきながら、なごやかに談笑。
父親同士はで乾杯。
和気あいあい、あっという間の2時間でした。

な、なんとお父様とわが夫は15歳の年の差があり、これまたびっくり
まだまだお若いのですわ。
お話を聞いてみると、やはり今の彼の年齢で結婚なさったそうです。
きっと20数年後は、彼もお父様のようになるのでしょうね。

それにしても、お父様も彼もわが夫も180センチを超えていて、お母様も娘も165センチ。
でもって私は150センチ。
もうちょっと言わせてもらうと、息子175センチ、お嫁さん167センチ。
私1人ちっちゃくて。。。埋もれてます
でも体格だけはみんなよりです。。。ウウッ

そんなわけで、いよいよ3月15日の入籍に向かって、本格的に動くことになりました

実感も少しわいてきて、準備も忙しくて、私。。。自分を見失わないようにしなきゃ

1月17日

今日は私の誕生日。
また一つ年をとりました

でも毎年書いていることですが、この日は阪神大震災が起きた日でもあります。
14年もたったなんて。。。早いですね。
本当に怖かったでしょうね。

私は毎年家族に祝ってもらい、幸せなときを過ごしますが、同じ日、大切な人たちを亡くした人たちがたくさんいると思うと、やはり胸がとても痛みます。
何年たっても悲しみが癒えることはないんだろうな。。。

6000人余りの尊い命が失われた日。
もう天国で安らかに暮らしているかしら。

~~~~~~~~~~

今年も家族にお祝いをしてもらいました。
プレゼントももらいました。

その様子はまた明日にでもご報告しま~す

そしてまた両家顔合わせという大事な日。
だんだん緊張してきちゃったわ

思い入れ

娘の結婚の記事に、皆様からのおめでとうコメントをいっぱいいただきありがとうございました

いよいよ18日には、両家の顔合わせがあります。
私たち夫婦はあちらのお母様にはお会いしたことがありますが、お父様は娘からの情報しかないので、頭の中で想像ばかりが膨らんでいます。
どんなお父様なのかしらん。。。ドキドキ

さてさて、娘の結婚が正式に決まってからというもの、なんとなくソワソワの日々が続いています
昨日は母の通院日だったので実家に行ったのですが、母も「身辺にわかに忙しいわ」とつぶやいています。
いろいろな通販やら生協のカタログを見ては、こういうものもああいうものも必要だと言っては2人でチェックしました。

うーん、ぶっちゃけ息子の結婚のときはこんな気持ちにはあんまりならなかったなぁ~
そこがお嫁さんと娘の違いなのかな。。。
母も「やっぱり思い入れが違うわね」とボソッと言いました。
やっぱりお嫁に出す立場としては、恥ずかしくない程度の嫁入りしたくはしてやりたいなって思っていますからね。

新居も入籍も決まり、だんだん実感がわいてきて、ちょっぴり寂しいと母に訴えたら、母は言いました。
「今から寂しいなんて言ってどうするのよ。まだまだこれからよ、本当に寂しくなるのは」と一蹴されちゃいました
母が私を嫁に出すときはやっぱり相当寂しい気持ちがあったのかもしれませんね

いずれにしてもあとちょうど2ヵ月。
あっという間に2ヵ月なんて過ぎてしまいますね。できるだけのことはしてあげようと思います

結婚式は来年の5月2日に決まりそうです

決まった ε-(´・`) フー

いよいよです 娘の結婚

今日、彼が我が家へやってきて、正式に「娘さんと結婚させてください。幸せにします」とのご挨拶をいただきました
今までさんざん会っているので改めてという必要はないような気もするのですが、やはりけじめなのでということで、彼はスーツを着用し、かなり緊張した表情で夫の前で頭を下げてくれました

我が家への挨拶を済ませ、昼食を食べ、今度は2人揃って、彼のご両親への挨拶に行きました。
こちらも無事にクリアしました

入籍は3月15日
その前日、娘は学校を卒業し、社会人としての第一歩を踏み出します

双方の両親に許しを得た後、あちらのお母さんと私を含め、不動産屋さんにを探しに行くことにしました。

仕事の関係で知っているという不動産屋へGO
条件を提示し、いろいろ見せてもらったのですが、なかなか帯に短したすきに長しという物件ばかり。
でもその中のとある1軒。我が家からほど近い公団分譲で、オーナーが賃貸として貸し出しているところがありました。
早速、不動産屋さんの車で連れていってもらいました。

最寄り駅から徒歩5分という近さ、間取り、設備、賃料等、こちらの条件にもあてはまり(築年数は古いですが、公団の物件なので安心です)、4人とも気に入り、即決しました

あとは18日の両家の顔合わせが済めば、段取りはすべておしまいになります
結婚式・披露宴は来年を予定しています

4月から新しく保育士としての仕事も待っています。主婦としての仕事も始まります。
いろいろ大変かと思いますが、今までの言動から察して、多分彼がいろいろ援助してくれるのはわかっているので、私も安心して娘を託すことができます。
2人とも22歳という年齢。まだ早いかと思われるかもしれませんね。
でもこの2人はきちんとけじめをつけた方がいいような気がしました。娘の性格から言っても、しっかり基盤ができていれば、保育士としての仕事も腰を落ち着けて打ち込めるような気がします。

前にも言いましたが、私としては実の娘なので、家も近いし、いろいろしてあげられることもきっと多いだろうし、娘も母を頼ってくるだろうし、その点では少し寂しさも紛れることと思います
でも夫は。。。きっと今も心の中は。。。涙なんだろうな。

3月15日がやってくるのがちょっぴりイヤです。。。 ←これ本音かな涙               

新しい場所

お正月気分も抜け、日常が戻ってきました。
で、すっかりまた更新おさぼり

ちょっと言い訳をしましょう

夫が異動になったお話は昨年しましたが、5日より新しい勤務地での仕事が始まりました。
今までは伝書バトのように決まった時間に帰宅していたのですが、今度はそうはいきません。
朝は若干遅くの出勤になったのですが、帰宅は時間がバラバラ。完全に時間が読めません。帰宅時間も早い日と遅い日、かなりの差があります。夕食の片づけが終わってのんびりしていた時間にまだ帰宅していなかったり。。。

というわけで、すっかり自分のペースも今までのようにはいかず、ゆっくりパソコンに向かう時間も大幅に減少しちゃいました

でもこの今の世の中、派遣切りとかで仕事も住むところも失って困っている人がとても多い中、こうしてちゃんと仕事ができる環境にあるのですから、少々大変でも幸せなことですね

定年まであと8ヵ月余り。
家族のために一生懸命頑張ってくれている夫です
心配なく働けるように、私はちゃんと家庭を守っていかないとね

ペースをつかめるようになるまで、ちょっと更新も滞っちゃうかもしれません
そして、皆様のブログも読み逃げ状態になっちゃうかもしれません。
お許しくださいね


今年最後かも ・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

毎年元旦はわが実家に家族で行きます
息子夫婦も合流して、家族7人(+赤ちゃん)、テーブルを囲み、談笑しながらおせち料理をいただきました。

午後からは、これまた恒例。娘と二人、近くの繁華街へ母の大好きな福袋を買いに行きましたjumee☆faceA189L

そして必ず娘とプリクラを撮ります

プリクラ

(ちょっとふざけてみました


shikaku01.gif


昨年暮れに娘は正式に彼からプロポーズを受けました
そして、婚約指輪をいただきました(鑑定書つきのダイアモンド
お給料3ヵ月分??

これで「彼」から「婚約者」になったわけです。
今月18日、彼のご両親と私たち夫婦、そして娘たち、顔合わせをします。
昨年10月、お嫁さんのご両親にご挨拶に伺ったと同じことをしていただくわけです。

それが終わるといよいよ新居探し、入籍、そして結婚式。
また忙しくなります
でも。。。本音を言っちゃうと。。。息子のときはお嫁さんだったのですが、今度は娘なので、いろいろしてあげられることも多いかなぁ~。。。ここだけのつぶやきです。。。

お付き合い始めて今年で3年
とても悲しい出来事も経験した2人 絶対幸せになってもらいたいんです


shikaku01.gif


ということで、元旦の恒例行事はきっと今年最後なんだろうな、と思うわけです。

夫も「いきなり2人になっちゃうね。早かったね、意外と」とつぶやいていましたが、やっぱり寂しいかな、ちょっと

でもそうやって両親も私を送り出してくれたのですから、これは順番で仕方ないですね。
スマイル、スマイルですね

Happy New Year!

初日の出

2009年1月1日 撮影
初日の出


    

新年あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。


    


コバ家は穏やかな新年を迎えることができました。

昨年はいろいろ大変な年になりましたが、うれしいことも多くありました
今年は家族も新たに増える予定で、今まで以上に忙しくなるかと思います。

身体に気をつけ、平凡でもよいので、幸せに楽しく暮らしていければいいと思っています。

今年も今まで以上にこの『Happy days』を御贔屓にしていただければ幸いです

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。