Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終の棲家

ブログから遠ざかったわけの一つは先日ご報告しました。

それと並行して、もうひとつ大イベントがありました。

母が1回目倒れたとき、父が救急車を呼びました。とっても不安だったと思います。
そのときは入院もせず帰宅できたのですが、私たちがすぐにでも駆けつけられる距離にいたらもっと安心だったろうなと思います。実家まではどんなにすいていても小一時間かかります。

そのことがあってから1週間ぐらいした頃でしょうか、ある1枚のチラシが入っていました。
その1枚のチラシがその後の両親の生活を180度変えてしまうなんて、そのときは全く思ってもいませんでした。


そのチラシは、我が家から車でも10分もかからない所にある『サービス付き高齢者向け住宅』の案内でした。
普通の賃貸マンションに介護サービスがついていると考えればよいでしょうか。老人ホームとは違うので、部屋にキッチンもついているし、洗濯置き場とか、バスルームもあります。なので食事もお風呂も寝る時間も起きる時間も諸々入居者の自由。
部屋はすべてバリアフリーで、非常ボタンもついているので、何かあれば1階にある介護事務所につながるようになっています。食事は作れない人たちのために、食堂がついていて、朝昼晩食べることもOK。私たちも24時間出入り自由。泊ることもできます。
今は自立できているので、母が家事全般をやっていますが、寝たきりになっても、認知症になっても面倒を見てもらうこともできます。

とにかく何がいいって、高い一時金を払う必要がなく、月額の利用料だけで済みます。
今の両親の年代は年金額も結構いいので、父母分で楽勝払えます。

これは今のこのタイミングでとてもいい物件だと思いました。
早速見学の申し込みをし、行ってきました。まだ父にも母にも了解をとっていないのに、富士山が綺麗に見える部屋をちゃっかり2部屋抑えちゃいました。

母の状態がそんなふうで、それにつけこむのはどうかと思いましたが、この時期だからこそ、考えて欲しかったのです。40年住んだ自宅を離れるのはきっと勇気もいるだろうし、私の傲慢なのではないかとも思いました。でも私もいつまでも若いわけではないので、やはり近くにいてくれたらとても助かります。孫も曾孫も近くにいます。どう考えてもメリットのほうが多い気がしました。

見学に連れて行ったのですが、父は思いのほか、富士山が一望できる部屋が気に入り「ママ(母のことです)がいいなら引っ越そう」ということで、話はとんとん拍子に決まりました。

そこからは引っ越しの手配、荷物の片づけ、梱包、父の面倒と母の病院通いの合間にしたので、本当に大変でした。
ダンボール何個詰めただろう。。。何回電話で色々なところとやりとりをしただろう。。。もう疲労困憊の日々でした。(おかげで腱鞘炎が悪化。)

契約を済ませ、引っ越しは母の退院と合わせ、母は退院とともに新居に移りました。
それから3ヵ月。最初は慣れず、父も落ち着かない日々を過ごしていましたが、今ではもう慣れ、毎日を穏やかに過ごしています。
父は介護1ですが、同じ建物内にある事務所からヘルパーさんに来てもらい、入浴や掃除をしてもらっています。6月からは看護師さんも入り、健康チェック。月に一度は俳句のサークルに参加。食事は週2回食堂に食べに行き、あとは部屋で自炊。食堂では世間話をちょっとだけできる人たちもできました。

一番のメリットは、私が常に顔を見せてあげられること。買い物をして、今週に3日は顔を出しています。
私が行かない日は、息子や娘が孫たちを連れて遊びに行ってくれています。夫は一緒に行ってはゴミを集めてくれたり、母の病院のときなどは父の面倒を見てくれています。

多分今のマンションが両親の終の棲家になることでしょう。ここで残りの人生、娘や孫、曾孫に囲まれ穏やかに過ごしてもらいたいと思っています。

というわけで、この半年、母の闘病、引っ越しで私は自分の時間をほとんど持つことができませんでした。でも私は娘。今まで育ててもらった分、今度は私が両親のために動く番だと思っています。後悔だけはしたくないですものね。

長々と綴ってしまいました。



スポンサーサイト

大きくなったよ♪

はい、可愛い可愛い孫たちのことです

遠ざかっていた間にとっても大きくなりましたよ。

KIMG0595.jpg

フーカ&ミワ
フーカは4歳に、ミワは3歳になりました。久しぶりに会ったこの日、とても仲良く遊んでいました。
でも同学年とはいえ、10ヵ月の差がある2人。ミワは必死にフーカちゃんの後を追いかけていました。


KIMG0617.jpg

ミワの弟コーセー
1歳半になりました。もうやんちゃです。ほっとくと自由気ままにどこまでも行ってしまいます。おしゃべりもだいぶできるようになり、なぜか『アンパンマン』だけは大人以上に上手に言うことができます。とっても甘え上手。すり寄ってきます。


KIMG0594.jpg

フーカの弟ワタル
最後の孫。今日で1歳3ヵ月。よーく歩きます。コーセーよりでかい!よく食べます。
この子を見ていると、息子のこの頃とよーく似ていて、息子を相手にしているようです。会うと最初は泣きますが、すぐニコニコして、とても可愛い。



なんかみんなあっという間に成長した感じです。
これから4人、どんなふうに育っていくんでしょうね。とっても楽しみです

この子たちの中に私の血も流れているんですよね。そう考えると不思議です。

ゆったりまったりの日曜日

きょうは日曜日。
夫も休みで、朝はゆったりとした喫茶店にモーニングを食べに行きました
フカフカのソファにクッション。しばしまったりした時間を過ごしました。

そしてきょうは都議選。ちゃんと清き一票を入れてきましたよ!

その後は家でこれまたまったり。昼寝しちゃいました、エヘッ


半年前、こんな日が来るんだろうか。。。とても悲観的な気持ちになっていました


母が元旦に倒れました。呼吸困難に陥りました。
元旦ということもあり、なかなか病院が決まらず、やっと決まったのですが、とても遠い病院でした。
ま、とりあえず点滴をしてもらい、その日は帰宅。
その後、無理をせず自宅で療養していたのですが、それから3週間後、また同じ症状で救急車。
今度はいつも通っている病院へ直行。そこから50日の入院生活が始まりました。

病名は『心不全』。
3日間は集中治療室に入ったのですが、ぶっちゃけもう死ぬのではないかと思いました。

まずは心臓にたまった水をとる治療が行われ、その後は検査検査の日々。
その結果、最終的にはペースメーカーを埋め込むことになりました。
その後は、心臓の右と左にある血管が狭くなっているので、カテーテルで広げる治療を行うことが2回。2回目はついこの間6月14日に行われました。

今は身体障害者1級に認定されましたが、日々元気に過ごしています。

ちょっと動くと息切れがあったり、すごい汗をかいたり、足がむくんだり、今思えば色々思い当たることがありました。
それに加え、父の世話もあったので、身体は悲鳴をあげていたんですね、きっと。

そんなこんなで、1月21日から3月13日までの入院によって、私は実家に泊りこみ、父の世話と病院通い。全く休まるときはありませんでした。
父の面倒をずっと見ていて、これじゃ母が倒れるのは無理ないわと納得!!
でも父親だし、一人にしておくわけにはいきません。

頑張った私、自分をほめてあげたいです。

これが半年ブログから遠ざかった理由の一つです





『Happy days』改め『Koba de gozaimasu』

最後に更新したのが、昨年末。それから半年も遠ざかってしまいました

そのわけは。。。

どこから書こうかな
色々あったので、きっとなが~くなっちゃいます。

半年という月日がかかってしまいましたが、やっと最近になって落ち着きを取り戻しました。
で、こうしてまたブログに向かう余裕が出てきたというわけです

タイトルをかえて、また心機一転
(URLは変わりませんよ)

お仲間の皆さまのところには、お知らせを兼ねてまた訪問させていただきます


プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
12 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。