Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がいを持って生きること

【胎児にダウン症などの染色体異常がないかどうか、妊婦の血液から99%の確率でわかるという新たな出生前診断が、国内の2つの病院で導入されることがわかった。日本ダウン症協会は、出生前診断が安易に行われることに反対している。

 導入が予定されているのは、東京都の昭和大学病院と国立成育医療研究センター。
新たな出生前診断はアメリカの検査会社が開発したもので、妊娠10週目以降の妊婦の血液を調べるだけで、ダウン症などの染色体異常がないかどうかが99%の確率でわかるという。国立成育医療研究センターによると、今後、病院内の倫理委員会の審査・承認が得られれば、来月中にも導入される。

 現在、出生前診断として行われている羊水検査は、流産の危険性があるため、新しい診断の希望者が増えることが予想される。
一方で、検査結果による人工妊娠中絶の増加も懸念され、日本ダウン症協会は出生前診断が安易に行われることに反対している。】


少し前、ニュースになりました。
私の今の仕事がら、気に留まりました。

妊娠してから出産まで、パパもママもジィジもバァバも家族みんなが元気に生まれてきてほしいと願います。私も自分の子どもや孫が健康に生まれてきたことでホッとしたのも事実でした。

でも。。。
もしこの検査を受けて、異常があるとわかったら??
特にママは自分のお腹の中で日々成長している我が子を実感しています。生きていることを実感しています。
それなのに、異常があるとわかったからといって赤ちゃんを諦めることができるのでしょうか。
その答えを私だったらなかなか結論を出すことは難しいだろうなと思います。
そのまま出産までこぎつけることも諦めることも、やはり当事者であるパパやママしか結論づけられることではないように思います。

私が仕事をしている作業所は知的障がい者が多くいます。ダウン症の人も3人います。
日々利用者さんたちと接していると、障がいも本当にその子の性格のように感じます。

仕事に対してはみんなとても真面目に取り組みます。
みんなとても人なつっこいです。気持ちはとてもピュアです。
あることにとても抜き出た才能を持ち合わせています。ある人はレース編みやビーズの平面図面や記号を見ただけで作品に仕上げます。ある人は時間の読みがすごく、時間内に洗い物や水回りをピカピカに仕上げます。ある人はショパンのワルツをいとも簡単に弾くことができます。
それぞれに強いこだわりがあり、そのことを私たち職員の間では「儀式」と呼んで、毎日見守っています。

彼らは毎日毎日楽しく生きています。
どこかに障がいを持ちながらも懸命に頑張っています。
その生きる権利を摘み取ることはどうなのか。

ただやっぱり何度も言いますが、やはり私たち周りの者がとやかく言うことはできず、最終的には親の決断かなと思います。「あなたのお腹の赤ちゃんには異常があります」と言われたときの気持ちは想像を絶するものだと思います。産んでおしまいではないですからね。その後育てていくのです。

健常者しか育てていない私には、何を言っても結局は人ごとでしかないと非難されそうですが、障がい者に対する気持ちだけは強く持っているし、生活も金銭面でも少しでも改善されるように作業所一職員として微力ながら協力させてもらっています。



関連記事

あさがお様

あさがおさんからはコメントいただけると思っていました。

私が勤めている作業所にも親からネグレクトを受けている利用者がいます。ふだんは私にもすごく甘えてくるのですぐわかりました。

障がいを持って生まれてきた我が子を育てていくというのは、やっぱり親にとってもすごく重荷になるんでしょう。でも産んだ以上はきちんと育てるのが親だと思いますけど、そんな簡単なことではないんでしょうか。

そういうことをいろいろ聞くと、出生前にわかればやはり迷うのは当然なのかな。

アイマイ様

そうですよね。
確率としては結構高い。
健常者だったことは逆に奇跡なのかもしれません。

そうですか。
アイマイさんの周りにもいらっしゃるのですね。
でも母は強し。きっといっぱいいっぱい泣いたのでしょうけど、
お子さんを心から愛しています。

他人が絶対にああだこうだ言えることじゃないですね。

No title

私が勤めるホームとは別のホームに とてもかわいそうな人がいます。
その人は Hさんと言います。
Hさんは 40歳くらいの男性なんですが 家族から見捨てられています。
もう4年も 家に帰っていませんでした。
福祉会の人の説得で 今年の正月に 一日だけ帰りました。
12月31日に迎えに来て 1月1日には もう送ってきたのですよ。
家では 厄介者扱いされているようです。
多くの家庭では 2週間に一度 家に連れて帰ります。
障害者でも 愛情がある親と 全く愛情のない親がいるのですよね。
家族から見捨てられた人達を見ると この人達は 生まれてきて幸せなんだろうか? 
と疑問に思います。
検査をして 障害があるとわかって中絶する人は きっとこのHさんの両親のような人だと思います。
そういう人の子供に生まれてくるよりは 中絶された方が幸せかも。
4年間もずっと ホームで暮らしていても 私達は家族ではありません。
そんな中で これからもずっと死ぬまでホームで暮らすのかと思うとかわいそうでたまりません。
検査をして障害があるとわかっても 私だったら生みます。
そういう人が多い事を 願っていますわ。

No title

>「あなたのお腹の赤ちゃんには異常があります」

このお医者様の言い方が

「あなたのお腹の赤ちゃんには個性があります」だとしたら

もう少し印象が変わるかも。

確かに人ごとだと言われればそれまでですが
確率の問題で産まれます。
知り合いにも障害者のお孫さんを持つ人がいます。
私の友人も、重度の身障者の子供を産みました。

他人が口出すことではないし
出生前診断で結論を出しても
ご夫婦の一生の問題ではありますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。