Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早いもので…

父が亡くなって、きょうで1ヵ月になります。
なんかワサワサと過ぎていったように思います。

あまりにも突然だったので、まだ信じられない気がしていますが、お骨を見ると「ああ、亡くなったんだ」と実感します。

当日、父はいつものように食堂で夕飯を食べ、夜もいつもの時間に寝たそうです。
10時過ぎに薬を飲み、また就寝。その後母に「なんかパンツが下がったみたいだよ」と訴え、ベッドから立ち上がろうとして、そのままベッドに崩れたそうです。すぐにヘルパーさんを呼び、血圧と脈を測るももう測定不能。私が着いたと同時に救急車も到着。
心臓マッサージを試みるももうダメな様子。部屋で心肺停止の場合、一応警察を呼ぶらしいのですが、事件性は全く感じられないということでそれはされず。
救急隊員より延命の有無を聞かれ、母には二度確認しましたが、しなくていいということで、では病院には死亡確認のために運ぶということで、私が同乗。
母は夫や息子、娘ととも後から来ました。

病院では医師より、死亡確認に立ち会ってくださいとのことで、私が立ち会いました。
死亡確認は平成27年11月4日午前0時ジャスト。
警察を呼び、司法解剖をし、原因を突き止める方法と、このまま老衰ということで、死亡診断書を書くという二つの選択を決めてくださいとのこと。もちろん後者にしてもらいました。

そこから自宅へ戻るまで2時間余り。霊安室に寝かされている父でした。本当に眠っているようでした。
母は面会を拒否。まだ亡くなったと信じたくなかったんだと思います。

午前2時過ぎに自宅へ戻り、安置。久しぶりに父、母、私と川の字になって寝ました。
とってもとっても穏やかな顔をしていました。

7日お通夜、8日告別式。

骨壺もいっぱいいっぱいになってしまうほど、骨がしっかりとしていました。

その日以後は悲しんでいる暇はありません。
経験なさった方はおわかりかと思いますが、本当に色々な諸手続きに追われました。
やっとここで落ち着きを取り戻しました。
それでもまだ四十九日の法要もあるし、仙台の菩提寺にあるお墓をこちらに移すことに決めたので、それに関する手続きも大変です。
先日、戒名をいただきにその菩提寺に行ってきました。そしてお墓のこともお話してきましたが、更地にしてくれればよいですというお返事だったので、ホッ。
今は仙台の墓石屋さんとこちらの墓石屋さん、両方で手続きを進めています。
今度はこちらにお墓を建てるので、場所選びをしています。候補地は母、私たち夫婦、息子、娘が行きやすい場所に決める予定です。

一番心配した母ですが、父には夜中に結構起こされていたので、それがなくなり、グッスリ眠れるようになったので、身体的にはとても楽になったのではないかと思います。
気持ち的いにはまだガクッとはなっていませんが、四十九日を過ぎたころがちょっと心配です。

でも今までは父がいたので思ったように外出もできませんでしたが、時間も気にすることなく色々なところに出かけられるようになりました。我が家でご飯を食べたりもできるようになりました。

これからは母をみんなで守っていくので、多分大丈夫でしょう。
関連記事
プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。