Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぼってしまった σ(^_^;)アセアセ...

12月に入って初めての更新
週3日の喫茶店の仕事+在宅でテープ起こしの仕事をやっている私。いつもはちょうどいいバランスなのですが、時々在宅のほうがバーンと増えることがあります。今まさにそのときでした

ちょっと一段落。
(でも次の仕事がもう今日届きました。。。)

書きたいネタはいろいろあるのですが、今自分が関わっていることもあり、やはり千葉・東金の女児遺体遺棄事件については語りたいなぁ~と思っていました。

でもちょっと疲れている私です。
考えていることが文章としてまとまらないよ~

というわけで、どんどん更新が延び延びになってしまいました。
ちょっと回復したらまた記事にしてみようと思っています。


shikaku01.gif


私は週3日地元の共同作業所が経営している喫茶店を任されています。
そこでは共同作業所を利用している人たち(利用者さんと言います)で、障がいを持っていても軽い子たちが何人か交替で、私と一緒に夕方まで働きます。

日替わり定食、豆から挽いて入れるコーヒー、手作りケーキなどを出していますが、彼女たちは訓練を兼ねて、コーヒーを入れたり、接客したり、掃除したり、洗い物をしたりします。
基本的な挨拶や礼儀なども指導します。

その中の一人の女の子にYちゃんという子がいます。
年齢は22歳。知的障がいを持っています。
動作はとっても遅いのですが、とても明るく、がんばりやさんです。

そのYちゃんと組んだときのエピソードです
その日のメニューはアジフライ定食でした。私たちの賄いも同じものを食べます。
でもお客さんが多く、私が食べる分のフライはなくなってしまいました。
以下は、適当に残り物を食べていた私とそのYちゃんとの会話です。

 「あれ、コバさん、アジフライはないの?」
 「そう、今日はお客さんがいっぱい来たからね」
 「ふうーん。」
(しばし沈黙)
 「コバさん、やっぱりアジフライ食べたいでしょ? 私の分少しあげるから、ほら、これ食べていいよ、ほら。」
 「でもYちゃんのがなくなっちゃうよ。」
 「いいのよ~。一緒に食べようよ。ほら、とりな、とりな。」
 「そう。じゃもらうね。アリガトね」
 「いいのよ~。」(とってもうれしそうな表情

どうですか
健常者でもこういう心遣いできる子って少ないように思います。
私はそういうYちゃんがとても好きなんですよ

Yちゃんには夢があります。
ラーメン屋さんの開店。そこのオーナーになることだそうです。
もし実現したら、そのお店の暖簾をプレゼントすることを約束しています。
そして私は食器洗いでもいいから雇ってね とお願いしています

ほとんどの知的障がい者は、こうして一生懸命頑張っています。
今回のこの事件、犯人の知的障がいの部分がクローズアップされて「やっぱり障がい者は。。。」という図式になることだけは勘弁してもらいたいです。

結局このことを力説したかったの


関連記事

COCORO様

そうだよね。
とにかく障がい者だからという偏見だけは持ってはだめ。
みんな一生懸命仕事に生活に頑張っているのだから。
もちろん障がい者だから罪が許されるわけではないけどね。

本当Yちゃんはかわいいのよ。
あたたかい心の持ち主なのよ。

えりこ様

本当に障がい者だからという偏見だけはやめてもらいたいと思います。

もちろん障がい者だって罪を犯せばきちんと償わないといけないと思いますが。。。

なおなお様

そうですよね。健常者、障がい者にかかわらず罪は罪。
きちんと償ってほしいですよね。

でも本当偏見だけは勘弁してほしいわ。

アマランサス様

そうなんです。健常者だって、人のことを思いやれる人が少なくなっていますからね。
こういう気づかいはやはり見習わなくてはいけませんね。
今回の報道のされ方、悲しいですよ。

マミー様

そう、頑張っている彼らだから、報道の仕方によって、障がいを持っていること=悪という図式はあってはいけませんよね。
もちろん私はできる限り応援していきますよ~
素直でかわいいですからね。

セカセカ様

本当にちゃんと心配してくれたり、思いやってくれたり。。。
お客さんにも人気あるんですよ。

そうですよね。
事件にしても事故にしても、十把一絡げで障がいだからっていうことではないですね。

けろろまま様

本当に素直ないい子なんですよ。
親御さんがきちんと躾をなさったというのがよくわかります。

本当にきちんとした報道体制をとってもらいたいですね。

ココア様

本当に私も彼らから教わることが多々あります。
みんなそれぞれ頑張ってます。

私たちは情報を報道から得ることもあるので、慎重になってもらいたいですね。

コバヤンの気持ち わかります!!

今の世の中 知的障害だとか・・・母子家庭だとか・・・
すぐにそういったことで「ああ~~やっぱり・・・」って><
そういう偏見 大嫌い!!!

頭のいい大学を出てたって・・・
立派な両親がそろってたって・・・
ひどいことを平気でする人だっている。
なのに そういう人に対しては
「いい人なんですよ~ 信じられません」って・・・
そんなコメントを聞くたびに腹が立ってしまいます!

Yちゃん・・・本当に優しい心をもった人だわ~^^
読んでる私も 心が暖まる^^

誤った知識、先入観。
くやしいですよね!!

この事件の報道は、慎重さがないですもん。

今回の事件でどのように報道されていたのか よくわからないのですが、事件に関わった人に障がいがあるか、ないか、病名がついていて通院歴があるか ないか、等だけで 障がいを持った人達だから・・・という偏見を植え付けている報道の仕方にはいつも疑問を感じますねぇ。
また、逆に そうでなくても犯行時は心神喪失状態だったと主張し 罪を軽くしようとする弁護士にも疑問を抱きますが・・・


罪は罪
どんな状態の人でも その人なりの責任の取り方はあると思います。

あれ、話が横に反れちゃった感じ
ごめんちゃいm( __ __ )m

Yちゃんは本当に優しい子ですね。
健常者だから、障害者だからという見方は考え直さなきゃいけないですね。
今回の事件の被害者の女児は本当にかわいそうだけど、メディアの報道のあり方や見る側、私たちも気をつけなければ、頑張ってる障害者の方達に失礼ですよね。

わかる、わかる

コバヤンの気持ちよぉ~くわかります。
私も知り合いに同じように頑張っている方たちがいるから
今回の事件で曲がった報道で世間的に変な偏見を持たせてしまっては
そういう日々努力している方たちに失礼ですよね。
でも、『正義は勝つ!』ですよ。コバヤンも仕事をしながら
そういった方たちを応援していってね。私も応援していますよ~v-22

優しいYちゃん

人のことを思いやれる能力があるのですよね。
忘れていたものを思い出させてくれるような…

TVや新聞報道は、よく突っ込み入れて
見てますよ。(笑)
事件や事故は、人間が一人一人違うように
一つ一つ違うのだろうと思っています。

Yちゃん、いい子だね~
いまどきの子は、カッコばっか気にして、思いやりとか程遠いような・・・。

私も今回の報道の仕方には疑問。まだまだ謎だらけだから、全貌が分かるまで慎重にすればいいのに。
いつもこの手の事件は慎重な報道なのに、本人の記憶が曖昧なまま報道するってどうかな。と思うんだけど・・・

わたしの職場でも・・

知的障がいのお嬢さんが働いています。
とても細やかな心配りのできるお嬢さんです。
しかも頑張りやさん。
わたしたちが見習わなければならないことも多いです。

今回の事件の報道のしかたには、ちょっと疑問を感じた点がありました。
ニュース番組やワイドショーなど、受け取る側がしっかりしないといけないなぁと思うことが度々ありますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。