Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者切り捨てか(怒)



わが息子は、今自動車整備士として頑張っています

高校を卒業した後、自動車整備士の勉強をするべく、東京都立の技術専門校の自動車整備工学科に入校しました。ちょっと聞きなれないかもしれませんが、要は学校ではなく、資格を取得するための技術を身につける訓練校といったらよいでしょうか。
ですから、管轄も文部科学省ではなく、ハローワーク、いわゆる厚生労働省になります。
でも、2年間を終えると、国家資格の整備士免許の実地試験が免除になります。ですから専門学校に通うのとは何ら変わりなく整備士への道が開けるわけです。

どこが一番利点かというと、募集がおおむね30歳ぐらいまでというのと、2年間で技術を取得するのに費用がかからないという点にあります。ということは、どこかに就職したけれど、また一から整備士の資格を取り直したいということも可能だし、また私立の専門学校だと年間百万単位のお金が出ていくので金銭的に厳しいという場合でも、ここだと費用がテキスト代と保険代と作業着代程度、5万弱ぐらいで済みます。

我が家は、やっぱりとても助かりました。
2年間のトータルにすると、300万ぐらいの差ができてしまうのですから・・・

ところが、ところがです
都内に何校かあるこの技術専門校が廃止の方向に動いているというのです。一校は19年度の募集停止、わが息子がいた所も20年度の募集停止。息子は推薦で入校できたのですが、その推薦制度は既に廃止されているのです。

東京都はこういう所で予算を削るのか健全な青年の夢を打ち砕くのか
そりゃ、東京都でオリンピックを開きたい、それも結構でしょう。でもその前にやっぱり未来に夢を抱いている子供たちを切り捨てちゃいけないと思うわけですよ。

聞くところによると、東京都は今難病に指定されている病気の補助も打ち切ろうという方向になっているそうです。
娘はやっぱり心臓疾患を患い、手術しましたが、そのときも東京都にその病気に対する公費負担を申請し、一切費用はかかりませんでした。だから本当にありがたかったものです。

東京都は、こういう弱者に対してどう考えているんでしょう。そう考えると本当に腹立たしくなります。

もちろん専門校側も黙ってはいません。担任だった方や、何期か上の先輩から抗議の署名用紙が送られてきました。家族、そして友人に頼み、本日発送したところです。

本当はこのブログを見てくださっている方たち、一人一人に署名をお願いしたいくらいです。

今日はちょっと怒りモードのコバでした




にほんブログ村 その他生活ブログへ  ランキングに参加しています。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。