Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、やっぱり。。。

西武の裏金問題から端を発した、今回の高校野球の特待生制度
すぐ記事にしたかったのですが、このブログで下手なことはかけず、ずっと動向を見守っていましたが、申告の締切日である5月2日。

ああ、やっぱりな

「野球特待生制度」申告校376校の中に、わが息子の母校も含まれていました。
で、部長の談話も載っていましたが、今月より特待生で授業料が免除になった選手のところからも授業料をとるということになったそうです。

これってどうなんでしょう
例えば、とても野球センスもあり、努力を重ねている中学生が、甲子園を目指して高校でもやりたいと希望したとします。
でも、私立の強豪校に進学させるほどの経済的余裕はない、でも公立に進ませたら、よほどじゃないと甲子園出場は無理。

そんなときに、強豪高校からスカウトが来て「入学金、授業料は免除しますから是非うちの高校に」と言われたら、親としては当然二つ返事でOKすると思います。
そんなときに野球憲章のことなど、頭に浮かぶでしょうか。

今回のことがあり「じゃあ特待生は今後授業料を払ってください」と言われたら、親はどうするでしょう。
我が家だったら、多分実家等から借金してでもその強豪校でやらせることを選択すると思います。
でもそれもままならぬ家庭は、退部するしかないということになるのでしょうか。

結局そこで犠牲になるのは子どもです。
その子どものある意味将来を摘み取ってしまうことになりますよね。

高野連は、きっと何十年も行われてきたであろう、この特待生制度について、なぜ今なんでしょうか 行き場をなくすかもしれない子どもたちのことを考えているのでしょうか

特待生のあり方については賛否両論あると思いますが、とにかく子どもが甲子園という目標を持ったらば、そこに向かって精いっぱいの力を出し、燃焼してもらいたい、私はただ、ただそのことだけを希望します。




クリックで応援してくださいね!

         
にほんブログ村 家族ブログへ  にほんブログ村 主婦日記ブログへ
        
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。