Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父病む~ストレスの怖さ~

昨年9月頃より、胃の痛みや不快感をずっと訴えていた父。
消化器科に行き、レントゲン、エコー、胃カメラ、ピロリ菌検査とあらゆる検査を受けました。結果は、胃潰瘍の痕があった以外、どこにも異常がありませんでした。一応症状に見合った薬を処方されました。

その後もずうっとその症状は続きました。が。。。

不思議なことに、午前中調子悪さがあるものの、午後から夜にかけては症状が回復するのです。そして食欲は全く落ちず、普通に食事。痛みがあったり、気持ち悪さがあったりするのに、です。

おかしいおかしいと母とも話しながら、月日は過ぎていきました。

今年に入り、特に2月に入ってからは、その胃の症状は1日中続くようになり、ほとんど寝ていることが多くなりました。今度は総合病院(以前胆嚢の摘出術を受けたところ)の消化器科を紹介され、ここでもまたCT、レントゲン、胃カメラ等あらゆる検査を受けました。

ところが全く異常は見当たりませんでした。それでも痛みや気持ち悪さを訴える父に医師もどう対処していいかわからないようでした。ここでは痛み止めの漢方薬が出たりしましたが、それもだんだん効かなくなっていきました。

       

実は父にこういった身体症状が出てきたのには一つだけ心当たりがあります。仮にAとしましょう。
父は長年ライフワークにしている俳句があるのですが、Aはその仲間で、1ヵ月に3回ほど会います。今回の症状はその前後が特にひどくなります。

幸い、父には4年ほどお世話になっている心療内科の医師がいます。
内臓に全く異常がないので、きっとストレスからくるもの、このAが原因になっているのだと考え、すぐ予約を入れ、気持ち悪い、痛いと言っている父を無理やり車に乗せ連れていきました。
父のいる前ではそのAの話はできないので、メモに経過を書いて渡しておきました。

医師「何か気になっていることはありませんか?」
父「いえ、特には。。。」
医師「何か俳句のほうでもお忙しいようなので、少しお休みになってはどうですか?」
父「それはできないんです。あれ、ちょっと胃が痛いんですよ」


どうですか?
まさにこのAがストレスになっているのだということがおわかりになると思います。Aの話になると痛みに逃げるのです。

父「やっぱり精神的なものなんでしょうか?」
医師「そのようですね」(きっぱり!)


まず、今まで飲んでいた消化器科で出た薬は一切飲むのをやめること、日中は眠りたいだけ眠るというアドバイスを受け、1日3回飲む抗不安薬が出ました。

それから1週間。
あれほど「痛い痛い」「気持ち悪い」を連発していたのにそれはほとんどなくなりました。寝てばかりいたのに、三度三度の食事もきちんととり、夜はテレビを見るほどになったそうです。

私はとっても酷い状況の父に付き合ってきた母がとても心配でした。
母も持病を持っているので、しょっちゅう実家に行ったり、電話での愚痴に付き合ったりしていましたが、さすがに疲れているのが声でもわかりました。
やっと声にも明るさが戻りました。

もし検査をしても異常がないのに、それでも不調が続くような場合、もしかするとそれはストレスの仕業かもしれません。
心療内科と聞くとなかなか敷居が高いかもしれませんが、そんなことはありません。

今はとっても心を病んでいる人は多いんですね。父が通院している所は初診の予約だけでも3ヵ月待ちです。

そういうわけで、やっと私もやっとまた余裕ができたので、こうして記事を書いています。
すっかりご無沙汰してしまいました

またぼちぼち皆さまのところにもお邪魔させていただきます

関連記事

地震は?

大丈夫でしたか? 
とてもとても気になりながら今になってしまいました。
お怪我はないですか?
ご親戚の方達は?
どうぞ皆様ご無事でありますように

地震

関東もひどい揺れだったようですが

大丈夫でしたか?

停電すると、すべてに困る…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

地震の被害はありませんでしたか?
何事もない事を祈っています。

精神的な事は、体に堪えますよね。
調べても数字には現れないし…。
自分でも気付かない事が多いかもしれませんね。

お父様、良かったですね(^^)



ストレスってやつは やっかいですね~。
いろんな病気を 引き起こします。
精神科 心療内科は 今 患者が増えているそうですね。
お父さま 治ってよかったです。
親孝行の娘(コバヤン)がいるから お父さまは幸せですよ。
また ぼちぼち更新して下さいませ。
私 明日から 北海道です 行ってきま~す。

心と体

人間の心と体がつながっているということを改めで感じました。
それにしても、コバヤンの機転で、お父様の本当の原因が分って、適切な対応が出来てよかったですね。
そうした意味では、頼れる家族が居るということは、素晴らしいですね。
昨年のコバヤンも大変でしたが、こうして家族が助け合っている姿を見ると、こちらも勇気が湧きます。

ご無沙汰してます(*^^)v

コバヤン、私もとんでもなくお休みしてしまいました。

ちょっと、去年からいろいろとあって精神的に来ちゃってv-12
いつまで経っても、強くなれず、だめな奴です・・・

お父様、いろいろと大変でしたね~。
でも、いつも思うけど、こんなに頼りになる娘さんコバヤンが
いつも傍にいるから、心強いでしょうね~!

私は、だめ・・・いまだに、何の頼りにもならずで・・・(ーー;)

でも、私も今回の胃カメラ検査は、いつもと違う結果で
ちょっと驚きでした。

先ず、多分精神的だと思うんですけど、あれて、傷だらけ、
血だらけは、いつものことなんですけど、ひとつ胃に変な
穴がはじめて見つかり・・・これがまた産まれ付きの
「先天性」の病気でした。
特に、何か特別なことがない限り、すぐに手術をしなきゃ
という問題はないみたいですけど・・・
何がびっくりって、今まで何回も胃カメラやってたのに
誰(医師)も、気がつかなかったということ・・・
それと、産まれ付きだったのに何もこんな歳になって、
はじめて知ることもなかったじゃんって思いました。

だからだったんです、バリウム検査やると必ず、再検査に
ひっかかるの。
それは、その大きな穴にバリウムがたまっちゃうから
腫瘍か何かと、ひっかかるようです。

どちらにしても、癌になりやすい胃らしいですから、毎年
かかせないんですよね~。

お父様もお大事にしてくださいね~!
(すみません、私の話で、ついダラダラ長く・・・^_^;)


コバヤン、これからもよろしくですー!

お父様の件たいへんでしたね
回復の兆しがみえてきたこと他人事ですがほっとしてます
精神的なご病気、昨年家内のことで沢山の病院をまわりました
のでコバヤンの気持ち判ります

家内の恢復できたこと、心療内科の名医に会えたこと(じっくり話を聞いてくれたんでしょうね)相性が良かっただとおもいます
また、そのお医者様は漢方薬が主でしたね


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コバヤ~ン!

大変だったね、娘も大変だけど
それだけご両親に関わるコバヤン、偉い!

心療内科に精神科、珍しくないですよ。
私の周囲にもワンサカそんな人いますから。

それに、いつ自分がお世話になるかもしれないし。

ストレスを感じやすいお父さま、まじめで
頑固で、一徹者で、ちょっと私の父にも似てますよ。

でも、ストレスはあなどれないです。
自分では大丈夫と思っていても、身体は正直。
薬と仲良くつきあう、そして自分と向き合う
そんな生活が大切なのでしょう。
身体も風邪を引けば、心だって風邪引きますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。