Welcome to KOBA's blog!
楽しんでいってくださいね♪





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッキーの売り上げ

本日の東京は、梅雨の晴れ間でとても良いお天気です
そして暑い
久々何の予定もない休日。一人の時間を堪能しています。



1436592588871.jpg


このクッキーたちは、私の職場である作業所で売っている売れ筋の商品です。
材料の計量→種ごね→形にする→焼く→ラベル貼り→袋詰めという一連の作業を全部行っています。
この業務に携わることができる利用者さんにも手伝ってもらいます。ラベルの絵も利用者さんが描いています。

コーヒークッキー   200円
レモンクッキー    150円
アーモンドクッキー  100円 

特に今の時季のおススメはレモンクッキー。国産レモンを使用し、皮を細かく刻み、レモン汁をふんだんに生地に練りこみ、適度な酸っぱさもあり、人気の一品です。

クッキーはお客様のご希望に応じて、どんな注文も承ります。
ちょっとした行事にも重宝されています。
今は市内の施設とかにも置かせていただいています。

種類は上記の3種類だけではなく、豆乳、おから、グァバ茶、黒糖、定番のもの(バニラ、ココア、抹茶が入っています)などもあります。

このクッキーの売り上げはすべて利用者さんのお給料になるんですよ。

事故った!

先週のこと。
利用者さんを乗せて、作業所で作っているクッキーを置かせてもらっているお店にクッキーを届けに行きました。

車の運転は常勤の職員が運転をします。私は非常勤なので、助手席に。
クッキーを届けた後、まだ時間があったので、途中で催されている「菖蒲祭り」を見に行こうということになり、寄りました。
が、入り口と駐車場が遠いので、ひょっとして入り口近くに障がい者用の駐車場があるかもと行ったのですが、入り口は車両通行止め。なので、バックしたら。。。

突然ガーーーーンというすごい音とともに、リアガラスが粉々に割れてしまいました。
そうです、電信柱にリアを思い切りぶつけてしまいました。

さあ、どうしよう!

まず利用者さんを安全な場所に移し、とりあえず作業所に電話を入れようと運転していた職員が電話をかけようとするのですが、もう動揺してしまい、ままならず。
私がかわりにかけ、指示を仰ぎました。

これから散り散りになっていた車を集めて、利用者さんを迎えに行くので、とにかくそれまでは待っているようにとの指示で、小一時間その場に待機。
利用者さんをトイレに行かせ、お茶を飲ませ「大丈夫だからね」ととりあえず安心させることが一番の私たちの任務。

そして少し落ち着いた頃、スマホから警察に電話。これも私が行いました。

その後、2台の軽バンでお迎えに来てくれ、利用者さんをそれぞれに乗せ、来てくれた職員と私で作業所に戻りました。
もう一人の職員と運転していた職員は警察とのやり取りとそこらじゅうに飛び散ったガラスの掃除をして帰ってきました。

幸いだったのは単独事故だったということ、電信柱が無事だったこと。
そして何より利用者さんに何の怪我がなかったことが一番の安心。

ちょっと心配なのは、運転していた職員のメンタル面です。が、一緒に載っていた私も後方の安全確認を怠ったということはあるので同罪ですね。

私も利用者さんの送迎をするので、本当に慣れた道ではありますが、気をつけなくてはいけません。
身をもって感じた今回の出来事でした。


世界に1人だけ。

bag.png

職場の利用者さんが布に描いて、それをバッグにしたものです。
ここに描かれている女子2人、モデルは実は私だそうです。
知らなかったのですが、ほかの職員から言われて、とても似ていてビックリしました。

彼女は顔の特徴をつかむのがとても上手で、しかもモデルを見ながらではなくて、「○○さんを描いてみて」と言うと、メモ用紙と鉛筆でササーッと。ほんの何分かで出来上がります。

例えば、この似顔絵、特徴的なのは髪の毛。
1月にパーマをかけて以来、彼女の中でそのことが印象的だったのか、いろいろな私をこのように描いてくれるようになりました。今まさにこんな髪型をしています。
それと目。実は私、目だけは力入れてメークアップしています。マスカラでまつ毛をながーく見せています。
彼女の中ではやはりこの目、まつ毛の長さだったんでしょうね。

なんかこの完成したバッグを見たとき、本当に感激しちゃいました。

皆さん、今の私はまさにこんな感じでーす♪



そばにいてうれしい

私は5年ほど前から、知的障がい者が通う作業所で仕事をしています。

昨日のこと、28歳の利用者さんが早退をするということで、みんなより一足先に昼食を食べました。
当然まだほかの利用者さんたちは仕事をしているので、個室でその子に昼食を食べさせ、食後の薬を飲ませるので、しばらく一緒に過ごしました。

色々話をしているうちにその彼が私に言いました。

「今日はコバ(実際には名字)さんがそばにいてくれて嬉しい!」と。。。

28歳といえば、息子と同じ年齢です。
でも息子なんかに比べるとずっとずっとピュアだなって感じます。

作業所には知的障がい、精神障がい、ダウン症、自閉症などを抱えた利用者さんが二十数名ほど在籍しています。
とても難しい状況になる場合もありますが、こちらが教えられることもとても多いように思います。
いつまでも彼らのように純粋な気持ちを持ち続けられるといいなと思いますが。。。

以前にも書いたことがあるかと思いますが、今のこの仕事は私にとっては天職だと思っています。



天職…かも

何だか本当に師走。気ぜわしい毎日です。
そんな中、久々39度近い熱が出てダウン。おまけに左手親指の付け根が炎症を起こし、左手は機能しない状態が続きました。年々逆境に弱くなる私の身体 

さて、そんな愚痴を言いたかったわけではなく。。。本題です。

ヘルパー2級の資格を取得したのが今年の6月。やはり何かに生かしたく施設を探していました。
そして見つけたのが障がい児を預かる放課後デイサービス。支援学校から帰ってくる子どもを預かり、一緒に時間を過ごすという仕事です。健常者でいえば、学童保育ですね。学校がお休みの日は朝から預かって、一緒に付添って外出をします。つくのは基本マンツーマン。曜日ごとに利用者が変わります。外出のときも同じです。

先週の土曜日。六本木ヒルズでイベントをやっているということで利用者4人と付き添いメンバー5人で電車を乗り継ぎ出かけてきました
私が受け持ったのは中学1年の男の子Y君。とてもとてもおとなしく、電車に乗るのも、着いてからも、ご飯を食べるときも、プラネタリウム見学も、イベントでも私から離れることなくずうっと手をつないでいました。

ちまたはクリスマスモード一色

CA9FZDMA.jpg


52階展望台から見た地上。だったので、遠くまで一望できてキレイでした。東京タワーがすぐそばに見えましたよ。Y君も「すごーい!」という表情で見つめていました。

CA3V9Y3F.jpg
CA71OPTR.jpg


イベントは自閉症の人たちの作品展示、フリーペイントコーナー、楽器演奏コーナーなどがあり、Y君は楽器に興味を示したようで、何曲かを弾いていました。
楽器は左手でコードスイッチ(多分ドとソとラ)を操作し、右手で弦をポロンポロンと弾きます。(楽器の名前は忘れました)
意外と面白かったようで、ずっとその楽器に夢中になっていました。

ヒルズ

帰りは始発の駅まで電車を乗り継ぎ、座って地元まで。
別れ際のタッチでバイバイ 無事に終わりました。

疲れないと言えば嘘になりますが、私を信頼してくれて、ずっとついてきてくれます。
可愛いなぁ~と心から思います。

普段の作業所の仕事もそうですが、ひょっとしてこの仕事、私にとって天職なのかもって思うようになりました。

また新たな職を得て、ますます体調にも気をつけていかないとね。
子どもたちから元気をもらっている感じですね





プロフィール

コバヤン

Author:コバヤン
家族:夫、息子、ヨメ、娘、ムコ、フーカ、ミワ、コーセー、ワタル、ヒナタ、アスカ、ケンタ
5人目の孫、ヒナタは天国へ行ってしまいましたが、新たに6人目のアスカ、7人目のケンタが産まれ、ますます賑やかです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問ありがとうございます
閲覧ありがとうございます
     現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
テーマ
マイベストリンク
♪コバの大切なお仲間♪
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

コバとブロともになる

コバ宛のメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯登録が簡単
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。